時間軸とローソク足

時間軸というと、

ティック・1分足・5分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足・日足・週足など

 

どの時間軸で取引するかによって、保持する期間が異なります。

 

買ってから30分程度で売ってみたり、あるいは2・3週間も保持してみたりします。

同じ商品、同じ通貨ペアで取引したとしても時間軸によって全くの別物です。

 

つまり、

「短い時間軸の中では下落トレンドでも、長期的に見たらアップトレンド」ということが起こり得る。

 

さて、まずそれをご理解頂けたなら、ローソク足と時間軸の関係について考えてみましょう。

チャートをご覧下さい。週足から5分足まであります。※動かなければ左へスライド

  • 一本の週足の中に5本の日足
  • その日足の中に6本の4時間足
  • 1本の4時間足の中に4本の1時間足
  • その1時間足の中に2本の30分足
  • 30分足の中に6本の5分足

何が言いたいかというと、まずは大きな流れがあります。

その中でごちゃごちゃやっているのが小さな足なのですね。当たり前ですが。

 

では、小さな足、例えば5分足で取引しているとして、迷った時どうしたらいいか。

果たしてここから上げなのか下げなのか。と。

 

6本の5分足で30分足ですから、

30分足をざっと見れば今5分足がどの状態にいて、上昇傾向なのか、

それとも下落傾向なのかは一目瞭然です。

 

たとえ5分足で激しく上下しているように見えたとしても、それは実は

30分足で見たならただ下落しているだけかもしれません。

 

30分足2
30分足で見た時、5分足の上下はただの下落の中の上髭下髭に過ぎない
5分足2
5分足で見ると激しく動いているように見える

傾向を捉えにくければ時間軸を大きくする。

そうすると、

「これはただ下落している中の反発である」「上位足でもう1・2本下落する中に居るけれども、一つのラインへ達しているので反発を始めている。」ということが一目瞭然に分かる。

 

だったら、後やることは簡単です。

 上髭で売るか、下髭で買うか。

ただそれだけのことで、何も難しい事じゃあないですね。

 

”30分足のローソク足の”上髭で売るか、下髭で買うか。

  1. 30分足が反転上昇するなら、下髭で買うと良い。
  2. 次の30分も下落するなら、上髭で売った方が良い。


時間軸とローソク足についてのまとめ

重要な事は、まず『流れ』を掴むこと。

 そして次に、『優位な』位置でポジションを持つこと。

 

であるならば、流れを掴む(つかむ)ためにはまずは少し大きめの時間軸を参考にすればよいのです。

何も平均値を出したり、指標を入れなくてもただ下がっていることが分かりますよね?

※インジケーター

 

相場はどちらかに動くしかない。

 

上がるか下がるか?です。

 

簡単そうに見えて獲りにくいのは、上がったり下がったりするからですね?

ではそれを考えた時に、大きな流れの中で見て

「今の傾向が続くのか。終わるのか。」を考える必要があるのです。

 

  1. 上位足の流れが続くのであれば、より優位なポジションを取り、値幅を獲りに行く。
  2. 終わるのであれば、反転するところを正確に見出し、反転の流れを捉える。

 

それが時間軸とローソク足を考える上で一つの重要な観点です。

 

ワンポイント動画

カリキュラム

 

1.チャートシステム

2.時間軸とローソク足

3.トレードスタイルと生活スタイル

4.インジケーター

5.ダウ理論とエリオット波動原理

6.ライントレード(フィボナッチ)

7.資金管理

8.相対性の話

9.時間戦略

10.マーケットの雰囲気を知る

11.ダマシを避ける方法

12.ラインで分析する方法

13.フィボナッチで分析する方法

14.ギャンで分析する方法

 

※7話からは応用編です。

応用編はパスワード保護が掛かっていますが、メール講座で閲覧出来ます。


時間足とローソク足の学習項目