短期トレードと長期トレード

時間軸を選ぶ

写真をご覧下さい。※動かなければ左へスライド

5分足・1時間足・日足・5分足(ギャン+フィボナッチを入れたチャート)があります。

 

全て同じ時に撮影したチャートですが、日足の中に24本程度の1時間足があり(休場を計算に入れず)、その1時間足の中に12本の5分足があります。

 

※最後のギャン+フィボナッチの5分足はライントレーダーとして一応載せておいたものですから(笑)とりあえず気にしないで下さい。

 

同じ時間にトレードするにしても、買うか売るかが「どの時間軸を選んだか」によってまるで異なります。

 

日足ではまだ上昇する相場だとしても、5分足では下落トレンドかもしれない。

 

「買うべきか売るべきかが全く逆になることがある」ということは、

自分がどの時間軸でトレードしているかを常に認識していなければならないことを意味します。


短期トレード

短期トレードは「勝率の高いポイントだけで勝負する」スタイル。
短期トレードは「勝率の高いポイントだけで勝負する」スタイル。

短期トレードをざっくり言うと、

  • 「今すぐ儲けて、後の相場が如何に伸びようと如何に"美味しい"相場展開になろうと、それは知らない。ただ、今すぐに儲けたい。」
  • 「どの値位置(たとえばドル円が130円)まで行くとか、そんな事はどうでもよくて、今下落しているなら売るし、指標発表で急激に上昇するなら買う。」
  • 「ハイレバレッジで一気に勝負をかける。」
  • 「コツコツと確実にとれる値幅を稼いでいく。」
  • 「逆張りで反発するポイントを確実に毎回押さえる。」

といったトレードスタイルになります。


短期のメリット

長期的に保有しない分、寝ている間に暴落していた、などの時間リスクは少なく

不慮の事故と呼ぶべき

理不尽な「価格の飛び(窓開け)」に出会う機会も少ないのです。

 

ある意味で安全とも呼べます。

 


短期のデメリット

その反面、レバレッジは高くなっていく傾向にあります。

 

値幅が長期に比べて小さいので仕方のないことですが、一定の金額を稼ぎ出すに当たって長期と比べた場合、

「レバレッジを上げるか、金額を多く投入するか、取引回数を増やすか」のどれかをしない限り、長期トレードより収益が少なくなってしまいます

 

そのため、投入金額に対して多くのパーセンテージを掛けて勝負に挑むことになりがちです。

この危険性は、負けた時にあります。

全額投資とまで行かなくても、ほとんどのパーセンテージで勝負に挑んで負けると、一発の損失が大き過ぎるといったリスクを背負っているということです。

 


短期の基本

金のトレードなどは難しいが面白みはある。
金CFDのトレードなどは難しいが面白みはある。

リスクヘッジ等はあまり考えず、

一つの通貨ペアや株、商品で戦いを挑み、利益が出たら利食う。

そして、また次の機会を狙う。

というのが基本的な考え方です。

 

商品先物のCFDなどがお勧め

レバレッジが高く、値幅がFXよりも大きく、値動きが素直で短期でも取りやすい傾向にあるからです。

 

※選んだ商品や買ったタイミングにもよります。株価指数CFDでもFXでも短期トレードは可能です。FXとCFDは短期トレード向き。

 

ティック~1時間足程度までは短期トレードと呼んでも良いのではないかと思います。

 

理由は、勝負が一瞬で付き、その後は全く意識しなくても、

その場限りの値動きで稼ぎ出すことが可能なのが1時間足程度までだからです。

 


短期トレードに向いている人・傾向

短期トレードに向いているかどうかを考える上で最も重要な要素(ファクター)は「性格」です。

 

次のような方が向いているでしょう。

  • 性格も短気(tanki)(笑)
  • 長時間の保有は不安だ。夜も眠れない。
  • 仕事をしている。仕事中に気になってしまう。
  • 短距離走が得意だ(笑)瞬発性に優れている。
  • すぐ決着をつけないと気が済まない。
  • 確実に取れるところを取っていきたい。
  • 不確定要素は受け入れがたい。
  • 不意に自分にラッキーな風が吹くとは考えにくい。(比較的アンラッキーだ)
  • 3・4か月も持っているなんて、精神的に無理だ。
  • 一度儲けたお金が取り上げられるくらいなら、最初から欲しくない。
  • 借りたお金は返さない主義だ。

 

傾向として、「確実性」を求めると短期トレードに行きつくでしょう。

 

なぜなら、長期では「今日勝っていても明日は資金が減少しているかもしれない。」「せっかく2倍になった資金が上昇トレンドがいつの間にか終わって来月は半分になっているかもしれない。」「朝起きたら、不意にロスカットになっているかもしれない。」という危険性があるからです。

 

要するに、長期はリスキーと捉えることが出来ます。※短期トレーダーの考え方では。

 

 


短期トレードのまとめ

 

確実にコツコツというトレードが短期トレード。

一気に増やすのが短期と思いがちですが、

一気に増やすのであれば、長期トレードでトレンドに乗った方が資金が大きくなります。

 

値幅のスケールが全然違うからです。

 

同じ資金量でも、長くトレンドに乗った方が資金は増えます。

同じ金額を短期で稼ごうと思ったら、

回数を増やすか、投入金額を多くするか、ハイレバレッジな法人契約でFXをするか

といった措置が必要です。

 

「短気なんだけど、確実性を求める」人は、長いトレンドは諦めた方が賢明です。

確実に上昇しているのは、今この瞬間だけです。

明日のマーケットの雰囲気は最悪かも知れませんよ。

 

続きはこちら(長期トレードについて)