トレードを始めるための、誰もがくぐった門

この項は、トレードを「何から始めたらいいのか分からない」という方のために書いています。

 

※当然最初は口座開設です。口座をお持ちでない方はこちら(口座開設の方法を解説しました)

 

 


チャート分析から始めよう

まずはチャート分析をやってみる
まずはチャート分析をやってみる

何から始めたら良いのかわからない方はまず、

チャート分析です。

 

まずは、チャートをとにかく見る。

毎日相場をチェックする。

 

何時にどう動いたか、何日にどう動いたか。

そして、なぜ動いたか。

どこを目指していたのか。

目標を達成した後でどうなったか。

それを考えることです。

 

ひたすら毎日これをやって下さい。

週末であろうとも、過去のチャートは見られます。

であれば、週末も見て下さい。

 

その後でやるべきことがあります。

 

デモトレードです。


デモトレードで自分の特性と勝ちパターンを見つける

次に、デモトレードをやってみる
次に、デモトレードをやってみる

デモ口座はどこの証券会社でも開けます。

宜しければ私と同じXMか、楽天証券か、クリック証券の口座を開いてみて下さい。

 

 

どこでも良いので、デモ口座を開く。

そして、売買してみる。


売買してみて、どの時が勝ったのか。どの時が負けたのか。
 

履歴をダウンロードして、売買結果を付けて下さい。
毎日ひたすらそれです。

チャート画像もキャプチャしておきましょう。

 

※履歴シートとトレード日記がVIP会員ページにあります。会員様でなければノートか何かにつけて下さい。  →NEW!メール講座の最後でトレード日記用の簡単なエクセルシートを無料プレゼント中!


どの時に勝てたか。

 

それを確認することで、自分自身の得意なスタイルが見えてきます。

自分は逆張りが得意なのか、順張りで長い間待てるのか。

日足が得意なのか、5分足が自分には合うのか。

まずは自分の特性探しです。

自分が何なのかを理解して初めて、やるべきことが見えてきます。

デモトレードで利益が上がるようになったら、後は同じことを実際の相場でやるだけです。

違いは自分が損するか、得するかという損得勘定が加わる、それだけ。

損をしたくないから頑張ることになりますが、資金は最小の額で入れて下さい。

取引枚数は1000通貨から。

感情が揺れ動きにくくするためです。



負けたら50万円では揺れます。

負けても500円なら揺れません。

デモトレードで勝った時と全く同じことを出来るようになれば、

勝てます。

これが一連のトレーダーとしての最初の登竜門です。

ここを面倒くさがらずに是非くぐって下さい。


後はトレーニングが必要なだけです。

是非特訓だと思って、素直にやってみて下さい。

一緒に頑張っていきましょう!

 

 

 

ご不明な所は、いつでも会員ページからご質問下さい。

※サポートは会員様のみです。

 

 

続いての項目は『時間軸とローソク足』です。

ワンポイント動画

カリキュラム

 

1.チャートシステム

2.時間軸とローソク足

3.トレードスタイルと生活スタイル

4.インジケーター

5.ダウ理論とエリオット波動原理

6.ライントレード(フィボナッチ)

7.資金管理

8.相対性の話

9.時間戦略

10.マーケットの雰囲気を知る

11.ダマシを避ける方法

12.ラインで分析する方法

13.フィボナッチで分析する方法

14.ギャンで分析する方法

 

※7話からは応用編です。

応用編はパスワード保護が掛かっていますが、メール講座で閲覧出来ます。


※当然最初は口座開設です。

口座をお持ちでない方はこちら