順張りの心構え

マーケットフォロワーになろう!

最後は安全なところで入って、安全なところで出る順張りのトレーダーが勝つのです。

だからこそ、マーケットフォロワーは多い。そしてその人数が多ければ…

マーケットフォロワー

強い勢力の側に付く。

順張りの心構えとして、「買う人が多い方に付く」というものがあります。

 

これはごく当たり前の事ですのであえて言う必要もないのですが、

売買量が多い方にレートが動きます

 

そのため、買う人が多い側に付いて行く方が有利です。

 

けれども、ここで一つ疑問に思われるはずです。※そうでなければ大衆の一部となるでしょう。

 

誰が買うの?誰が買っているの?

  • 個人投資家だけが買っているのでしょうか。
  • そして、個人投資家の多くが勝っているのでしょうか。

答えはNOです。

 

レートを動かして、または、そこまででなくとも

値動きを一番上手く渡り切るトレーダーは

莫大な資金を動かせる機関投資家や銀行などの企業ですよね。

 

時には国が介入する事で生まれる値動きもある事を、あなたはご存じのはずです。

急に莫大な資金の投入で反転する市場も幾つも目撃して来ませんでしか?

 

それは個人トレーダーのなせる業ではありません。

お金のある企業、または国。

このどちらか。

では、

 

自分と同じような大衆に付いて行くのが賢いのか、

それとも

銀行や機関投資家や国に付いて行く方が賢いのか。

 

答えは明白ではないでしょうか。

 

「最後は安全なところで入って、安全なところで出る順張りのトレーダーが勝つのです。

だからこそ、マーケットフォロワーは多い。そしてその人数が多ければ…」と上に書きましたが、

正確には人数ではなく金額でレートは動きます。

 

烏合の衆より、大金持ちです(笑)。

個人の金持ちより・・・、多くの場合それは大手企業です。

 

だからこそ、銀行や保険会社や証券会社、その他諸々のビッグマネーの動向こそが重要なのです。

 

対策はあるのか

しかしながら、大手企業がいつどの市場を買ってくるのか?という情報はあまり公開されません。

分からないとはいえ、例えば

デイトレードなら欧州市場が開いてから欧州勢の動向を見て付いて行くとか、

輸出企業の換金のタイミングを狙うとか、45日ルールを上手く使って利食いして逃げるとか。

方法は幾らでもあります。

 

この点はご自身で勉強してみると良いでしょう。

  • 45日ルールとは何か?
  • ゴトー日とは何か?
  • 日本市場・欧州市場・米国市場で流れは変わるのか?何時に?

 

または、値が動けばチャートに現れますので

  • そのチャートパターンから見抜く
  • 自分のトレードルールを値動きに沿ったものにする

という方法もあります。

 


まとめ

ビッグマネーの動向に気を付けながらも、

 「明確なトレンド継続の可否が分かり、明確な損切り位置・な利食い目標値のあるトレード手法」を使えば良い。

 

 

例えばフィボナッチを正しく使えるようになれば、

驚くほど自分が引いた目標値で相場が反転する事に気が付き、どこで利食いすれば良かったのかも分かるようになるでしょう。

チャートを見ながら彼らが売買しているというより、それが指値による売買であれば、"ある値位置"に大量の買い指値を置きます。

そしてそうであれば、

どの値位置に買い指値を置くのか?を見抜く必要があります。

 

チャート的に反転する可能性が高いところに大量の買い指値が入っている可能性が高いです。

 

反転する可能性が高い値位置とは、フィボナッチの値位置。

よって、

フィボナッチを理解すればトレンド途中で下落して来たとしても、良い値位置で押し目買い出来る可能性が高い」という事がご理解頂けるのではないでしょうか。

 

極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰ プレミアム版

以上で順張りの話は終了とさせて頂きます。

 

※最後が順張りの話と言えるのかは微妙なところですが(笑)、逆張りトレーダーの言う事ですのでご容赦下さい。

 

機関投資家が買う流れにタイミングを合わせて乗る。

 

そのために、買い指値を置くであろう値位置を知っていれば反転ポイントが分かり、押し目買いで、トレンドに乗れる可能性が高いという説明でした。

 

お読み頂き、ありがとうございました。

デイトレードのコツ
デイトレードのコツへ

デイトレードにはデイトレードの理屈がある。これが分かっていれば方向性が分かるだけでなく、その日の利食い目標やエントリーすべき値位置が分かります。デイトレードをするなら様々な方法がありますので考えてみましょう。