順張りの心構え

順張りのコツ 6 マーケットフォロワーになろう

最後は安全なところで入って、安全なところで出る順張りのトレーダーが勝つのです。

だからこそ、マーケットフォロワーは多い。そしてその人数が多ければ…

マーケットフォロワー

一般的な話ではありますが、当たり前の事です

順張りの心構えとして、「買う人が多い方に付く」というものがあります。

これはごく当たり前の事ですので、あえて言う必要もないのですが、

売買量が多い方にレートが動きます。そのため、買う人が多い方に付いて行く方が有利です。

 

けれども、ここで一つ疑問に思われるはずです。

※そうでなければ大衆の一部となるでしょう。

誰が買うの?誰が買っているの?

  • 我々個人投資家だけが買っているのでしょうか。
  • そして、個人投資家の多くが勝っているのでしょうか。

 

答えはNOです。

 

レートを動かして、または、そこまでではなくとも

値動きを一番上手く渡り切るトレーダーは

莫大な資金を動かせる機関投資家や銀行などの企業ですよね。

 

時には国が介入する事で生まれる値動きもある事を、あなたはご存じのはずです。

では、自分と同じような大衆に付いて行くのが賢いのか、それとも

銀行や国に付いて行く方が賢いのか。

答えは明白ではないでしょうか。

 

最後は安全なところで入って、安全なところで出る順張りのトレーダーが勝つのです。

だからこそ、マーケットフォロワーは多い。そしてその人数が多ければ…

と上に書きましたが、

正確には人数ではなく金額でレートは動きます。

烏合の衆より、大金持ちです(笑)。

個人の金持ちより、多くの場合それは大手企業です。

 

だからこそ、銀行さんや証券会社、その他諸々のビッグマネーの動向こそが重要なのです。

 

対策はあるのか

しかしながら、大手企業がいつどの商品を買ってくるのか?という情報はあまり公開されません。

分からないとはいえ、例えば

デイトレードなら欧州市場が開いてから欧州勢の動向を見て付いて行くとか、

輸出企業の換金のタイミングを狙うとか、45日ルールを上手く使って利食いして逃げるとか。

方法は幾らでもあります。

 

この点はご自身で勉強してみると良いでしょう。

  • 45日ルールとは何か?
  • ゴトー日とは何か?
  • 日本市場・欧州市場・米国市場で流れは変わるのか?何時に?

※時間によるデイトレードの売買タイミングは『時間帯における考察~デイトレーダーのための時間戦略~』を読めば掴めます。

 

または、値が動けばチャートに現れますので

  • そのチャートパターンから見抜く
  • 自分のトレードルールを値動きに沿ったものにする

という方法もあります。

 

ビッグマネーの動向に気を付けながらも、

 

「明確なトレンド継続の可否が分かり、明確な損切り位置や明確な利食い目標値のあるトレード手法」を使えば良い。

 

つまり、

フィボナッチを勉強してみてはいかがでしょうか。

フィボナッチを正しく使えるようになれば、

驚くほど自分が引いた目標値で相場が反転する事に気が付き、どこで利食いすれば良かったのかも分かるようになるでしょう。

極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰ プレミアム版
極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰ プレミアム版

以上で順張りの話は終了とさせて頂きます。

 

お読み頂き、ありがとうございました。

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎応用勝ち方講座)』

下記へご登録されると最初から順番にサイトの記事を

プチコラム付きで配信します。

 

1・2週間で応用編までマスター出来るでしょう。

※記事を順番に配信するメール講座です。基礎編6講座の後、応用編をお送りします。

(その後、勝ち方ブラッシュアップ講座もお届け出来るようになりました!)

 

投資の基礎はタダで学べ。メール講座登録はこちら

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎・応用・勝ち方講座)』
↑↑↑『投資の基礎はタダで学べ。メール講座』詳細はこちら

「投資の基礎はタダで学べ」の考え方に基づいてトレードされたとしても、投資成績について責任は一切負いかねます。投資はご自身の責任の下、余剰資金の範囲内で無理なく行いましょう。