順張りと逆張りの差

順張りのコツ 3 順張りで気を付けるべき点 安易な考えでトレードに手を出すトレーダーがやってしまいがちなのがこれ

順張りのコツ 3 順張りで気を付けるべき点 安易な考えでトレードに手を出すトレーダーがやってしまいがちなのがこれ

前回までのあらすじ

  • ポジショントレード(ポジショントレーダー)
  • スイングトレード(スイングトレーダー)
  • デイトレード(デイトレーダー)

とスキャルピングがあり、口座を分けておいた方が良い。

 

順張りとは言え、目標値は必要。

  1. その人ごとの感性や裁量が必要な手法になればなるほど、トレードの難易度は高くなる=成功しにくい。
  2. 順張りでも利食い目標値がなければ、最終的に戻って来て利食いし損ねるという事態を招く事に。
  3. 実際の相場で機能する、何かしらの利食い目標値は持っておくべし。

今回は、
「目標値で利食い出来ずに、戻って来て、最終的に損失になった時の対処法」について。

 

一番やってはいけないのが、損切りを置かずに買って(利食いも置かずに・・・)

最終的に戻って来て塩漬けになってしまう事。

 

大前提として、利益が出る方向へポジションを持つ必要があります。

まあ、これは当たり前ですが

一旦利益になった、または利益が出る予定のポジションを手放すのは惜しいですよね。

 

そう。あなたが買った場所は(きっと)正しかったのです!

ただ、欲を出し過ぎて利食いし損ねてしまった。

 

それだけの事だと思いましょう!

 

あなたは間違っていないし、正しいです。

素晴らしい。

 

損切り出来ないトレーダーというのは、自意識が高すぎるので

私にはそうやって慰めてあげる事くらいしか出来ません。申し訳ありませんが。

 

次へ行きましょう!

順張りならまだしも逆張りでは絶対にやめて下さい

順張りしかしない、という方であればまだ

「損切りもせずに、本流に乗るのを待つ」というトレードも、もしかしたら

時には成功する可能性も、あるかも?知れません。運が良ければ。

 

ただし、逆張りトレーダーは絶対にやめてくださいよ。

なぜなら、逆張りというものは特に「逆へ張っている」わけですから

利食いしなければほぼ確実に損切りになります。

 

この時に、損切りしなければ

自分のポジションと逆方向へのトレンドに飲み込まれます。

 

引き付けてから買うので、逆張りは枚数を膨らませる事が容易に出来ます。

という事は、大量の枚数を抱えて塩漬けになってしまいます!

逆張りトレーダーは100%利食い設定と損切り設定をエントリーと同時に置きましょう。

 

利食いしなければ損切りになるのが逆張りですし、

損切りしなければトレンドに飲み込まれて大損するからです。

 

順張りトレーダーは枚数を落として、損切り幅を広めに取る事で安全性の高いトレードが可能になります。

 

今塩漬けを抱えている場合は

是非早めに処分されるか、明確な損切りラインを今からでも設定しましょう。

その値位置を割れたら試合終了です。

 

そして、次からは枚数を落として頂く事を私は強くお勧めします。

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎応用勝ち方講座)』

下記へご登録されると最初から順番にサイトの記事を

プチコラム付きで配信します。

 

1・2週間で応用編までマスター出来るでしょう。

※記事を順番に配信するメール講座です。基礎編6講座の後、応用編をお送りします。

(その後、勝ち方ブラッシュアップ講座もお届け出来るようになりました!)

 

投資の基礎はタダで学べ。メール講座登録はこちら

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎・応用・勝ち方講座)』
↑↑↑『投資の基礎はタダで学べ。メール講座』詳細はこちら

「投資の基礎はタダで学べ」の考え方に基づいてトレードされたとしても、投資成績について責任は一切負いかねます。投資はご自身の責任の下、余剰資金の範囲内で無理なく行いましょう。