ライントレードでデイトレード

ライントレードでデイトレード

ライントレードを、水平線やトレンドラインだけだと思っていたら大間違い!

フィボナッチトレーディングこそ、真のライントレードでしょう。

ユーロドル15分足
ユーロドル15分足とトレンドラインブレイク

上のイメージ図を実際の値動きに置き換えてみると、こういう値動きです(少し違いますが、本日の値動きです)。

 

持ち合いを下にブレイクしたので下落したわけですが、

これにフィボナッチを当ててみたらどうなるでしょう。

ユーロドル15分足
ユーロドル15分足とフィボナッチリトレースメント

この、ほぼ全ての高値安値になっているのがフィボナッチです。

 ※厳密にはフィボナッチリトレースメントとギャンリトレースメントです。

 

もしも、これがあなたに見えていないのなら

「どこで戻り売りポイントが作られ、伸びたらどの値位置で跳ねるのかも分からない」という事になります。

分かっていない。

 

過去の高値安値に引いた水平線ですか?(笑)本当に?

 

それとも、実際に高値安値を作り出しているのはフィボナッチなのでしょうか。

 

フィボナッチを使いこなしましょう

あなたが、この程度のフィボナッチなら

チャートを見たら1秒以内に引けるようになったとします。

 

では、これらをご存知でしょうか。

  1. どの値位置がフィボナッチにおいては売り場であり、どの値位置間が持ち合いエリアで、
    幾らを抜けたら下落するのか。
  2.  持ち合いを抜けた後どの値位置までは進み、到達後にどの値位置までは戻るのか。

最低でもリトレースメントは習得する

こんな単純なリトレースメントでも使い方を知っていれば

今が持ち合いエリアなのか、高値なのかは値位置だけで分かります。

 

ただ引いているだけでは意味がないのですよ。

 

どのラインを抜けるまでに売れば有利なポジションとなり、

どのエリアならしばらくやきもきする事になるのか(笑)。※持ち合いで

 

ここまではLEVEL1です。

 

しかし!リトレースメントにはさらに続きがあります。

 

LEVEL2まで理解すれば、高値圏で「どこまで売るべきか」がはっきりします。

 

よく「利食い損ねてしまう」、というトレーダーの話を聞きますが

フィボナッチを引いていないからですよね…。

 

 今後は引きましょう!