値動きのルール


  1. 値動きのルール1
  2. 値動きのルール2

値動きのルールには1と2があり、それぞれ別の手法となっています。

値動きのルール1 2014年作

値動きのルール2 2020年作

スリースタータードットジェーピー


「ラインのセオリー」

ラインには決まったセオリーがあります。

 

そのセオリーを知っているかいないか。

 

それがライントレードにおいての成否を分けています。

このページでは、フィボナッチリトレースメントのセオリーについてご説明します。

 

ラインからラインへ動く!

 値動きにはルールがあります。

 

ある値位置からある値位置まで進み、またある値位置が押し目になり、次の値位置まで進みます。

 

ここが押し目でなければいけないという、ある程度決まったルールがあります。

 

その押し目を完成させると、ようやく目標値へ向かって進み出します。

 

ではその

押し目で買って、目標値で利食いすれば良いですよね

 

それが値動きのルールというトレード手法です。

 

とてもシンプルですが、天底ではどの押し目を完成させる必要があるのでしょう。

それがセオリーというものです。

 

 

 

フィボナッチを研究し続けて、決定版のルールを発見しました!

このセオリーに則って考えた時、

天底でよくある二番天井や二番底でエントリーするのがとても簡単になります。

 

 

天底の相場構成を考えてみた事がありますでしょうか?

 

天底でのトレーダーの心理状態、そして彼らが取る行動。

 

その逆を行きましょう。

 

底入りを考えてみましょう!

まず、大きな下落やどこまでも続くように思える下落があったとします。

 

どう思うか?

 

売りたい。そう思うはずです。

しかし、急に反発を見せました。

 

この時はどうでしょう。

『反転するのか・・?』と、飛び付き買いが多く見られるはずです。

 

反発に驚いて買い付いたその時、下落します。

 

 

そして、多くのトレーダーが買えないタイミングを見計らって、その底値を切り上げる。または、一度切り下げたとしても戻り、何の事はない!どこまでも続く下落などないと言わんばかりに上昇して行きます。

 

これが底です。

 

では、底で買うにはどうしたら良いのでしょうか?

 

他の飛び付いたトレーダーが諦めて損切りするタイミングで買えば、底値で買えます。

 

こういうタイミングをルール通りの売買で捉えるのが、「値動きのルール1」です。

 

トレンド途中の押し目を捉える方法

上昇が開始し、トレンドが出ているようです。

 

トレンドでは、我先にと

あなた以外のその他大勢が買ってきます。

 

しかしながら、

そう簡単には伸びて行かず、戻っては進み、また戻っては進み・・。

 

これは何をやっているのでしょうか。

 

買って来るトレーダーを振るい落とそうとしています。

この時あなたがするべき事はお分かりだと思います。

 

押し目で買う。

 

トレンド途中で狙う事はただそれだけ。

 

しかし、押し目で買ったつもりが、トレンドがすでに終了しており、下落を始めてしまっては元も子もありません。

 

トレンドが終わったのか?それともまだ続くのか?

 

どのように判断したら良いのでしょう。

 

 

押し目で買えて、トレンドの終了を明確に示してくれるラインがあります。

 

フィボナッチリトレースメント。

 

そして

 

フィボナッチチャネル

 

この2つをチャートに出しておきましょう。

 

チャネルを割れない限りはトレンドは続いていますので、リトレースメントの目標値までは買う事が出来ます。

目標値へ到達したら、利食いしてしまう事をオススメします。

 

 

この手法が「値動きのルール2」というものです。

 

お役に立てれば嬉しく思います。

 

販売ページ

1も2も、明文化されたテキスト+動画教材のセットです。

 

値動きのルール1 バージョン2019年6月~

値動きのルール2 バージョン2021年2月~