トレードスタイルを決めよう!

トレード

ここまでの復習をしておきましょう。

 

ブレイクアウトオーバーシュートなどの手法があり、オススメは押し目買い戻り売りをすることでした。

利喰い目標が必要だという話も。

読んでいない場合はまずそちらをご覧下さい。

 


トレードスタイルを持つこと

自分だけのトレードスタイルを持ちましょう。

  • いつも同じトレード。(毎回機能する)
  • 相場が良い時も、悪い時も使える。(相場に合わせて応用が利く)
  • 収支がプラスになる取引。
  • 損をすることがあっても最終的にプラス。
  • 続けることの意味がある取引。(自分の生活スタイルや性格に合う)

そんな自分だけのトレードスタイルを!


自分に向いているトレードスタイル

自分のトレードスタイルは何かを公言出来ない場合、まだ「トレードスタイルが固まっていない」のだと思います。

 

スタイルとは、『型』。
型にはめる、という言葉がありますが、色んな手法を試してみて

一つの自分流の型に最後は落とし込んでみることが、自分だけのトレードスタイルを作るということです。

 

 

自分に合った、トレードスタイルを構築しよう!
自分に合った、トレードスタイルを構築しよう!

今まで利益が出た取引は何か、生活スタイルに合う取引は何か、保有期間はどのくらいが一番向いているか(時間軸とローソク足をご参照下さい)、買いばかりなのか、空売り(からうり)も行うのか、どんな指標やツールを利用するのか、逆張りなのか、順張りなのか・・・など。

 

 

 自分の性格に合っていて、利益を出しやすい方法を突き詰めてみると良いでしょう。


自分のトレードスタイルの探し方

自分のトレードスタイルを探そう

まずは、今現在

幾つの手法を持っておられますか?

 

それが1つならば、そのままやって行くか他にも使えそうなものがないかと探してみることになりますね。知見を深めて行きます。

 

しかし、10個の手法をすでに持っている。

このような場合には「どの手法が一番機能していて、自分にピッタリ合うのか?」を確かめる必要があります。

 

多くの場合、手法は1つではないはずです。

これまでご紹介してきた中でも、「オーバーシュート」「押し目買い」「ブレイクアウト」などをご紹介しましたから、今段階でもう3つ知っていますよね。

  • 下落して来た相場が跳ねる時に買って、利食いする。これがオーバーシュート。利食い幅は小さくても良いので、きっちりと跳ねる瞬間に獲って終わる。
  • 押し目買いはダウ理論と合わせて考えたら、高値更新後の安値切り上げで買うというもの。高値を更新したのだから、次は前の安値を切り上げてさらに高値を越えるはずだ。このように考えるわけです。
  • ブレイクアウト(またはブレイク)は安値を切り上げて次に高値を越える時に買うこと。後の「ダウ理論」などで説明があります。
3つの売買タイミング
3つの売買タイミング

詳しくはこの後も読み進めて、どんな手法が良いのか?と考えてみて下さい。

 

今一つ言えるとしたら、

基本的にトレード手法はこの3つに当てはめることになる

ということ。

 

オーバーシュート、押し目買い(または戻り売り)、ブレイクアウトです。

 

そして

そのトレンドの継続と値動きの反転を何で捉えるか?というツール選択やタイミングを検討して行くことになります。

 

ご自身の手法をよく見てみて下さい。

 

当てはまっていますよね?

まずは大枠として「この3つのどれなの?」という点を検討しましょう。

 

  • 何らかのラインをブレイクして買う=「順張り」「ブレイクアウト」
  • 押し目買い=「逆張り」
  • オーバーシュート=「逆張り」

です。

 

また、「持ち合いの上下で挟み込むように、買ったり売ったりする方法もある」ということもお伝えしておきます。

これは押し目買いとオーバーシュートの応用で出来ます。

 

こちらも出来るようになれば、持ち合いでも戦えます。


自分にしか分からない

ラインを引いてみよう!
ラインを引いてみよう!

トレードスタイルが何が向いているのかは、ご自身でよく考えて頂くほかありません。

ですが、

もしまだ決まっていないのであれば、オススメは『ライントレード』。

 

移動平均を組み合わせるよりも遥かに正確で、はっきりとした利食い目標を持った取引が出来ます。

 

この値段まで下落したら買う。この値段まで上昇したら利食いする。

値位置は横の線なので、指値で買うことも出来ます。半自動売買のように指値を仕掛けておいて外出することも可能なので、ご自身の生活を大事に出来ます。

 

ライントレードの中でも、フィボナッチとギャンを使ったトレード方法を教えています。

このようなトレードスタイルにご興味がありましたら、一度ご覧下さい。こちら

 

トレードスタイルの話は以上です。