トレード手法の種類

トレードの手法とは何の事かと言うと、

『どのタイミングで売買するか』『どこからどこまでの値幅を獲りに行くか』という話です。

 

値動きのパターンによって、トレードで獲れるところは決まっています。

何も難しい話ではなく、「取りやすい所を取る!」という考えで良いです。

 

ですが、値動きのパターンは決まっています。

 

トレード手法の種類色々!
トレード手法の種類色々!

分かり易い例としては『高値を更新したら、さらに上に行く』。(笑)

当たり前ですが。

 

それを見込んで、高値を更新する時に買いを入れる手法をブレイクアウトといいます。

 

つまらないかもしれませんが、基本なので説明していきます。

なお、こんな簡単なことが高額な教材になっていたりすることがあるのでご注意を(笑)。


ブレイクアウト

ブレイクアウト・・・高値更新で買うこと
ブレイクアウト・・・高値更新で買うこと

この手法の問題点は、高値を越えたところで、一旦、または“しばらく”下落することがあること。

読み間違えれば、『高値掴み』になるということが一番の問題です。

 

しかしながら、「トレンドが継続するのであれば結局は同方向へ進む」という考え方が出来ます。

少し長い目で見て、その後の上昇を買っておく。空売りの場合(下落相場では安値割れで売る)も同じです。

 

もう一つの考え方として、

『高値を越えた時の一旦の伸びを買ってすぐ利喰う』という手法があります。状況をよく読まないと、そうなるとは限りませんが・・。

 

以上がブレイクアウトの解説です。

これは私はあまり使わないのでこんなところで。

 

もっと有利な値位置で買ったほうが良いですから。


オーバーシュート

オーバーシュート・・・下落して来た安値で買うこと
オーバーシュート・・・下落して来た安値で買うこと

その他に、暴落時にその大底で買いを入れて、上昇したところで利喰いをする、

オーバーシュートという手法があります。

 

この手法の問題点は、

値位置が読めないと、ただただ損をすることになる』ということ。

 

暴落時に買いを入れたら損をするのが当たり前なことはお分かりかと思います。(笑)

 

ですから危険だと思われることでしょう。

 

ですが、どこまで暴落するかが読めたとしたら、?

そういうことです。

 

フィボナッチとギャンを使うとこれは実現可能です。

 

いつもやっているので、特に問題はありません。

もちろん、読みが正確である必要があります。

 


押し目買い・戻り売り

押し目買い・・・上昇して一旦戻る値位置で買うこと
押し目買い・・・上昇して一旦戻る値位置で買うこと

一番有力(だと私が思っている)トレードスタイルに、

押し目買いと戻り売りがあります。

これが基本になるでしょう。

  • 押し目買い=上昇中に一旦下落したところ(押し目)で買う。
  • 戻り売り=下落中の一旦の上昇(戻り)を売る。

こうすることで(上手く行けば)安全に流れに乗れるわけですね。

 

ただし、上手く行かなければ、そのまま逆方向に持って行かれますよ(笑)。

 

この手法では、「どこまで戻るか」を知っていないといけません。

そうでない限り「戻りすぎてしまう」わけですね。

 

厳密には「押し目買い・戻り売り」をトレード手法と位置付けて良いのかは何とも言えません。

当たり前すぎますので。

ですが基本こそ重要ではないでしょうか。

 

上昇中に押し目買い、下落中に戻り売る。

より有利な値位置で売買した方が良い、とは思われませんか?

 

これが普通に出来ていれば、ブレイクアウトで買うということがバカらしいということがご理解頂けるはずです。

 

※ただし、場合によっては

ブレイクアウトで買うしかない、という相場も存在します。

 

押し目買いはフィボナッチとギャンで実現可能です。

最も美しい形で、このトレードを成立させることが出来る。

 つまり、丁度下落が止まるところで買えるわけです。

 

これがフィボナッチトレードの普通です。

 

私は主にこれを使っていますし、人に薦めるとしてもやはりこれでしょう。

 

なぜか。

 何も一番高い所で買うブレイクアウトなどを使わなくても、一番安い所で買うオーバーシュートや、押し目買いをしたら良いのではないですか?ということです。

 

どこで反発するのかが分かっているのであれば、安い所で買えば良いですよね。

それが分からないから、ブレイクアウトなどの『高値を越えたら買う』という安全策を取るのですから。

 

私がブレイクアウトで買う時は、フィボナッチのラインを越えたところで買います。高値越えではありません。

レートが悪すぎますし、ブレイクアウト後に一旦戻ることが多いからです。

 

フィボナッチのラインブレイクは少し都合が異なります。

 

次はエントリーエグジットについて

ワンポイント動画

カリキュラム

 

1.チャートシステム

2.時間軸とローソク足

3.トレードスタイルと生活スタイル

4.インジケーター

5.ダウ理論とエリオット波動原理

6.ライントレード(フィボナッチ)

7.資金管理

8.相対性の話

9.時間戦略

10.マーケットの雰囲気を知る

11.ダマシを避ける方法

12.ラインで分析する方法

13.フィボナッチで分析する方法

14.ギャンで分析する方法

 

※7話からは応用編です。

応用編はパスワード保護が掛かっていますが、メール講座で閲覧出来ます。


トレード手法の種類の学習項目