順張りに適したツール

順張りのコツ 5 順張りに適したツール

順張りが「ある程度値が進んでから買うトレードスタイル」だとしても、何も知らなければ高値掴みになるだけです(笑)。

高値掴みを避けるために『どこまで伸びて折り返すのか?折り返したらどこまで戻るのか?』を把握しておきましょう!

 

そのためには、知っておくべきツールが2つあります。

 

フィボナッチリトレースメントとフィボナッチチャネル。

前回に引き続き、このツールを詳しく解説していきます。

順張りに適したツール
順張りに適したツール

フィボナッチリトレースメント

前回は「フィボナッチリトレースメントを使えばトレンドがどこまで進むか?が分かる」という話でした。

  • 買い場、利食い目標値。そのどちらもフィボナッチリトレースメントで決められる。
  • フィボナッチチャネルを合わせれば、トレンドが続いているかどうかも確認出来る。

 リトレースメントを正しく使えるようになれば、あなたにもトレンドの目標値は明確に見えます。ただし、普通の個人投資家には残念なら全く見えていないようです。

 

このような話でした。


リトレースメントは、押し目買いの値位置だけではなく、目標値なのです。

最近、YOUTUBEプレミアム1か月無料を利用して

トレード系の動画をよく観ていました。

 

すると、移動平均線と水平線しか使えないトレーダーばかりなんだな、と気が付いたわけですが、

中には「フィボナッチリトレースメントとは」なんて説明されている方もちらほら・・。

 

私は移動平均線のプロではないし、それについて言及するつもりもありません。

 

ただ、フィボナッチの使い方はどうでしょう。

甘すぎるというか・・・(笑)。

 

個人トレーダーの多くがフィボナッチについて理解出来ていない事をとても残念に感じました。

 

もちろん、公開していないだけで隠しているだけかも知れません!

私自身もYOUTUBEには失敗した動画か、デモ動画しか上げませんから(笑)。

→(後日)新しいYOUTUBE用のシリーズを始めました!5分で分かるFX・CFDシリーズはこちら

 

その可能性もあり得るのですが、

フィボナッチは押し目買いに適しており、そして”利食い目標値が明確になる”という点が優れたツールです。

 

この点を是非、明確にしておきたいと考えています。

 

押し目買いだけじゃないよ、ということ。

 

リトレースメントの使い方

ドルスイス4時間足
ドルスイス4時間足

一例を挙げておきます。

これはこの記事を書いている日のドルスイスです。

 

なぜ?その値位置まで上昇したのでしょうか。

 

その答えは2つあります。

  1. 年の目標値から跳ねて、年の目標値へ到達したから。
  2. トレンドの目標値までは到達するから。

結局、それ以外の何物でもないのです。

 

よく分かっていないでライントレードの説明をされる場合、大体次のように説明されます。

 

「ラインはエリアで捉えて。ピッタリで反応するとは考えない。」

 

ただ、それは

その方のラインが正解ではないからですよね(笑)。

 

私の引くラインは基本的にいつも、ピッタリの値位置で反応しています。

 

  1. 年の目標値から跳ねて、年の目標値へ到達したから。
  2. トレンドの目標値までは到達するから。

 

「これを知らないでトレードするなんて、自殺行為ですよね」というのが最近チャットで会員様から頂いた意見です。

まあ、そうでしょうね。

 

使ってみたい!という場合はこれは有料なので、

勝ち方実戦編』か『極意書 フィボナッチトレーディングの進化論⋰ 』をご覧下さい。

極意書というのは私が書いた本です。勝ち方実戦編は昔からやっているコミュニティみたいなものです。

 

なお、このサイトではこのようなトレード手法自体は教えませんが、

無料でトレードの基礎を教えています。


フィボナッチチャネル

フィボナッチチャネルがあれば、移動平均線は出す必要がありません。

 

なぜなら

トレンドはチャネルに沿って進み、チャネルのブレイクはトレンドの終了を意味するから

 

トレンドフォローをしているそのトレンドが終わったら、利食い目標値へ到達していなくても利食いすべきです。

 

その明確にトレンドが終わった、

というのを何で判断されていますか?

 

ダウの切り下げですか?

 

それも良いですね。

しかし、チャネル割れでも利食いしておく事が出来ます。

 

大規模小規模問わず、大体のトレンドにはチャネルが引けます。

そして、

「チャネル割れ」をすると、結構大きめの下落が待っています

 

だからやめる。

 

この、割れたら終了!

というチャネルを出せるのなら、あえて別の判断理由をチャート上に表示する意味は無いのです。

 

チャネルでトレンドを見ているなら、最後までチャネルで良い。

ですよね?

 

もちろん、邪魔でなければ移動平均線も出しておいても良いのですが、フィボナッチチャネルを割れた時は注意が必要です。

 

フィボナッチチャネルは普通の平行チャネルとは全く違うものです。

平行チャネルを割れてもトレンドは終了しません。この点は誤解なさらないようにして下さい。

※平行チャネルを割れた後、フィボナッチチャネルで支えられて上昇するのがいつものパターン。

 

そんな誰でも引けるようなものでトレンド終了が分かるなら苦労はしません(笑)。

皆(個人トレーダー)が損するから大きな下落になるのです。

 

あくまでも、多くの場合

"フィボナッチチャネルの最終ライン"を割れた時にトレンドが終了します。

 

そして、

フィボナッチチャネルとフィボナッチリトレースメントは組み合わせて使うべきだと私は考えています。

 

リトレースメントとチャネル、エクスパンションとファンの組み合わせがベスト!

  • 天底にはエクスパンションとフィボナッチファンがよく機能する
  • トレンドにはリトレースメントとチャネルがかなりよく機能する

  

順張りの心構え
順張りの心構え

最後は安全なところで入って、安全なところで出る順張りのトレーダーが勝つのです。

だからこそ、マーケットフォロワーは多い。そしてその人数が多ければ…