トレンドの目標値はあるの?

トレンドに終わりはあるのでしょうか。いつまでも続くように思えるかも知れません。しかし、目指している目標値というものがあります。目標値はラインによって特定出来ます。

そのラインとは…

トレンドの目標値はあるの?
トレンドの目標値はあるの?

今回は「フィボナッチリトレースメントを使えばトレンドがどこまで進むか?が分かる」という話です。

  • 買い場、利食い目標値。どちらもフィボナッチリトレースメントで決められる。
  • フィボナッチチャネルなら、トレンドがまだ続いているかどうかも確認出来る。

 リトレースメントを正しく使えるようになれば、あなたにもトレンドの目標値は明確に見えます。

 

ただし、普通の個人投資家には残念なら

全く見えていないようです。

 

なぜならラインは引かなければ見えませんからね(笑)。当たり前ですが。

インジケーターなら設定すれば、勝手に出ますから

そのツールを設定している皆が見えています。

 

しかもひねるより、より多くのトレーダーが使用するであろう共通の設定値を使った方が上手く機能します。

例えば、

移動平均線ならSMA(単純移動平均線)で200MAとかね。

 

せいぜいEMAくらいまでにしておいた方が良いですよ(笑)。それも危ない。

SMAで皆が買っているのに、EMAにしたせいで値段が随分ずれてしまいますから。

 

ただ、ラインはそうではないですね。

 

ラインは自分の手で引く必要があります。

 

ではあなたは正しいラインを引けますか?

どうしてそれが正しいと言い切れる。

 

また、あなたが引けるラインとは

まさか水平線とトレンドラインではないでしょうか。

 

残念ながらそれでは駄目なのです。

今回のテーマは

フィボナッチリトレースメントを使えばトレンドがどこまで進むか?が分かる」。

つまり、

トレンドの目標値、トレンドが崩れているかの確認。押し目買いすべき値位置。

この3点が分かるラインを引く。

 

水平線では無理なので、

フィボナッチリトレースメントと

フィボナッチチャネルを使います。

 

この動画を観れば、ほぼ何を言いたいかが分かるでしょう。


詳しくはこちら。「値動きのルール2」へ

※値動きのルール1については、当サイトにも記事があります。こちら


最新のリトレースメントの使い方を発見したよ!

という動画です(笑)。

これを発見した時は、「そうだったのかあ」「何を今まで見ていたのだろう・・」と、愕然としました。

 

上昇が始まったとして一体、どこまで行くのか?

 

これが分かると、

『どこまではポジションを残しておける。まだ持っておこう。』という「利食い目標値」を設定出来ます。利食い目標があれば、まだ到達していないからトレンドは終わらないという安心感があります。

 

そして万が一、「トレンドが伸び過ぎてしまった。最高値ではないところで利食いした。」としても、まあ予定していた大きな値幅で利食い設定していれば、『悪くない』という気持ちになれますね。

 

次に、逆張りの方。

逆張りでは上昇中の一旦の下落で買うわけですが、押し目買いのチャンスはどの値位置にあるか?が分かります。跳ねるのは当然、フィボナッチリトレースメントです。

 

『トレンドが目標値へ到達したら、反転を取りたい!』

そういう方は、「どこまで行くのか?」を知っていなければ無理ですから。

目標は正確に出せた方が良いですね。

 

最近の研究では

「結局(笑)フィボナッチリトレースメントがトレンドの目標値という意味においては一番良い」、という結論に達しました。

 

 

エクスパンションも良いのですが、

いざトレンドが始まったらリトレースメントが最高です。

 

 

という事で、次のページで

 

フィボナッチリトレースメントとフィボナッチチャネル。

この2つのツールを詳しく解説します。

 

まとめ

水平線では「トレンドの目標値、トレンドが崩れているかの確認、押し目買いすべき値位置」は分からない。

 

しかし、フィボナッチリトレースメントとフィボナッチチャネルを使えば分かる。

順張りに適したツール
順張りに適したツール

順張りが「ある程度値が進んでから買うトレードスタイル」だとしても、何も知らなければ高値掴みになるだけです(笑)。高値掴みを避けるために『どこまで伸びて折り返すのか?折り返したらどこまで戻るのか?』を把握しておきましょう!

 

こちらもチェック!

値動きのルール2」は最新のリトレースメント手法。

※値動きのルール1については、当サイトにも記事があります。こちら