逆張りに適したツール

逆張り向けツールはこれ!

逆張りに適したツールとは何か?

もう8年以上教えている逆張りに最も適したツールがあります。

逆張り向けツール基本

  1. フィボナッチリトレースメント
  2. ギャンリトレースメント
  3. フィボナッチファン
  4. ギャンファン

逆張り向けツール応用

  1. フィボナッチリトレースメント
  2. フィボナッチエクスパンション
  3. フィボナッチファン

逆張りをする時に考えるべき事。

まずは相場構成と方向です。

  1. 上位足でどちらへ向かっているのか。
  2. その目標値は?
  3. 今はどの段階か。

上位足の方向性がはっきりした時からトレードは始めた方が上手く行きやすいでしょう。

そして持ち合いの時はギャンファンを使います。

ギャンファンとリトレースメント、ギャンリトレースメントの3つのツールです。

 

トレンドが出ていたら、下位足で押し目を狙います。

この時、フィボナッチリトレースメントの基本では買うべき値位置が2つ。

どちらかで押し目を拾います。

 

応用編では、私のオリジナルのフィボナッチの使い方でやって頂ければ、簡単に逆張りは出来ます。

それも日・週・月・年単位で、それぞれのポイントを捉まえられるはずです。

これは前回のコラムでも書きました。

 

ただ誤解して頂きたくないのですが、その手法だけがオリジナルではありません。

リトレースメントの基本からギャンファンの使い方も、教えている全てがオリジナルです。

 

これらのツールの使いこなし方を大野一派と呼ばれたり呼ばれなかったり(笑)。

とにかく、ツールはどう使うかなので、

引ければ良いというものでもありませんし

適当なYOUTUBE動画を観て『はい、出来ました!』というものでありません。

 

正しい引き方とは、正しく相場に機能し

一生涯(は言い過ぎかもしれませんが)、同じ引き方で使えるものです。

そして現在販売している教材は、今も機能しているものだけです。

ファンとエクスパンション

この2つのツールは、順張り逆張り共によく機能します。

逆張りの使い方としては、「順張りの値動きが失敗した時」に使う事をオススメします。

つまり、攻めも守りも両方出来るような使い方です。

 

そして、上下を分けるラインは各ツール1つだけ

フィボナッチを、『多くのラインがあるからどれかが反応しても当たり前』などと

悪口を言うインジケーター派トレーダーもいますが、それは違います。

 

その方がフィボナッチを知らないだけです(笑)。

ポンド円 週足 2020/9
週足

ある市場の週足ですが、需要なラインはこの2つです。

エクスパンションは横のラインで、ファンは斜めのラインです。

 

だからそこまで戻り、到達後に反落する。

 

そんな事も知らないと、値動きが分かるわけがありませんよね。

 

確かに、他のラインも機能します。しかし、それらは利食い目標値です。週足規模の利食い目標なら当然、反発しますし

機能して当たり前です。

 

そうだとしても、本当に重要なラインはその1つなのです。

※これもオリジナルです

ファンとエクスパンションの使い方を学ぶなら

この機能する使い方は、最新の教材でしか教えていません。

勝ち方実践編では「続・勝ち方実践編シリーズ」、本なら「極意書ストラテジーズ」というものをご利用下さい。

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎応用勝ち方講座)』

下記へご登録されると最初から順番にサイトの記事を

プチコラム付きで配信します。

 

1・2週間で応用編までマスター出来るでしょう。

※記事を順番に配信するメール講座です。基礎編6講座の後、応用編をお送りします。

(その後、勝ち方ブラッシュアップ講座もお届け出来るようになりました!)

 

投資の基礎はタダで学べ。メール講座登録はこちら

『投資の基礎はタダで学べ。メール講座(基礎・応用・勝ち方講座)』
↑↑↑『投資の基礎はタダで学べ。メール講座』詳細はこちら

「投資の基礎はタダで学べ」の考え方に基づいてトレードされたとしても、投資成績について責任は一切負いかねます。投資はご自身の責任の下、余剰資金の範囲内で無理なく行いましょう。