順張りと逆張りはどちらがいいか

順張りというのは、簡単に言うと上昇傾向の時に買う。

 

逆張りだと、上昇し切ったところで売る。

 

一番簡単に言うと、その違いがあると覚えておいてほしい。

 

※このコラムでは口語体で書きますが、お気になさらず(笑)。

 

今回の話題は『順張りと逆張りはどちらが良いか』。


順張りの良さ

順張りの良さは何だろう。
順張りの良さ(優れた点)は何だろう。

順張りは、上昇傾向の時に買うので、時間が経つとその方向へ値が進む。

つまり、持っていればそのうちに利益になって、その利益は次第に大きくなる。

そんなイメージ。

※もちろん下落トレンドを売ることもある

 

長期はもちろん順張りが向いている。

なぜなら時間が長く経てば経つほど、方向性が合っていれば利益が乗るから。

 

短期であったとしても、

短期なりに短い時間軸の中で順張りをすることが出来る。

 

例えば朝から上昇を始めて、夜まで上昇し続ける時、

朝買っておいて夜決済するということが可能。

 

これが順張り。

 

順張りの良さは、トレンドが続く限り、保有する期間が長いほど利益が乗ること。

 

期間が長ければ長いほど、より「投資」に近いイメージになる。

 

しかし短期トレードでもトレンド方向へ買っていれば順張りと位置付けられる。

そのトレンドがすぐに終わる規模なのだとしても。


順張りのデメリット

順張りには、

値動きが一旦下落している調整の時間であっても、上昇すると信じて持ち続ける

根気と信念が必要になる。

 

『利益になると信じて待ち続ける』『少々の浮き沈みで一喜一憂しない』ことが必要。

ただし、一方的にいつま伸びて行く行くラッキーな相場に出会ったら、この順張り以外で利益を出すことは難しい。

 

売ってみたところで、結局は伸びて行くのだから皆と同じ方向へ買った方が良い。そうでしょ?(買う以外の選択肢は見当たらない)

 

しかし、そうそう良い相場には出会えないでしょう。

 

通常は

ある程度値が伸びたら一旦戻って、またいつか上昇を始めるもの。

 

下落中も買いで持っていることは損に思えるかもしれない。

 

それでもまだ目標にも到達していないし、伸びる可能性があるから保有する。

 

いや、

たとえ下落して損をするまで値が落ち込んだとしても、俺は(私は)買い続ける!

 

ここまで来ると、投資だと言える(笑)。

とにかく少々の浮き沈みは気にせず、目標までは持ち続ける気概が必要だ。

 

これは「胆力(たんりょく)」とも言える。

 

順張りをするなら少々の物事には動じない、という精神力が必要。

 


逆張りの良さ

逆張りの良さ(優れた点)は何だろう。
逆張りの良さについて考えてみよう。ちなみに、押し目買いも逆張りの一種。

逆張りは「トレンドが終わる瞬間を狙って売る」というイメージがぴったりくる。

  1. いくら上昇相場であっても、いつかは終わる。
  2. それなら、終わったところで空売りしてやる。
  3. 景気などいつまでも良いわけがない。

そんな考えで行うのが逆張り。

 

相場の性質として、戻る時は一気に戻ることが多い。

じっくり上がって、一気に下落する。

 

なので、急速な値動きで瞬発的に利益を得ることが出来る。

 

ところで先ほどから、順張りが上昇(買い)で逆張りが下落(売り)であるかのような物言いだが、

そういうわけではないので注意してほしい。

下落中に買うのも逆張り。(下落トレンドを売っていくのも順張り)

 

※ちなみにトレンドとは、とめどもない一方方向への動きのことを言う。そうそういつもトレンドは発生せず、どちらかというと持ち合い期間という「どちらでもない値位置を保った動き」が実は多い。

 

値が動く方法へ買えばいい、とシンプルにお考えの方は

この持ち合いに掴(つか)まると「上昇してもまた戻ってくる」ので”げんなり”することになるだろう。

 

持ち合いの場合

逆張りであれば、「上昇したら売り、下落したら買い、‥」と、持ち合いが続く限り稼ぎ続けることが出来る。

 

そういう面でも逆張りの優位性がある。

 

つまり、

トレンドの終わり、そして持ち合いで優位性があるのが逆張りだ。

 


逆張りのデメリット

逆張りもデメリットはある。

逆張りはトレンドと逆方向へ売買することになる。

 

つまり、それがトレンドであった場合(持ち合いではなかった場合)、持っている期間が長いほど危険だと言える。

 

逆張りは利益が出ている間に決済しなければ、いずれ利益は損失に変わるという性質を持っている。

このことを忘れないでほしい。

 

確かに、一瞬で稼げる。

しかし、利食い(決済すること)をし損ねると、逆に損に変わるということだ。

 

もう一つ重大なデメリットがある。

 

逆張りは『トレンドの終わり』を見抜く力がないとできない。

・・・。

本当にできない。

 

なので、あなたがトレードを始めたばかりであれば、あまりお勧めは出来ない。

いつトレンドが終わるかの目測を誤ると、ただただ損をすることになる。

 

逆に、

トレンドがいつ終わるのか、いくらになったら反転するのかさえ知っていれば「入れ食い状態」になる。

それが逆張りの本質だ。


【まとめ】最後に。順張りと逆張りはどちらが良いか?

では順張りと逆張りはどちらが良いか。

どちらもいい。(笑)

得意な方でやればいい。というのが正しい答えだ。

 

向き不向きがある。

それは、人によってという事もいえるが、「相場によって」とも言える。

 

トレンドが一切発生せずに1年が過ぎたらどうだろう。

考えてみてほしい。

 

順張り、という事が成り立つだろうか。

 

この相場では逆張りが出来るやつが勝つ。

それは間違いないだろう。

 

では、一方的に上昇し続ける相場で、

ほとんど押し目(一旦の調整のことを言う)がない相場だったとしたらどうだろう。

 

逆張りが出来るのはまだまだ先だと言える。

 

だからこそ、相場によって使える技術も変わるし、向き不向きがあるのだ。

 

次はこちら

※次のコラムも口語体で書いてありますが、お気になさらず(笑)。